Jessen Sax サックス用リガチャー 【Raw Brass】

税別価格: 27,000円(税別)

(税込: 29,700円)

種類:
数量:

商品詳細

ジェッセン・サックス サックス用リガチャー 【ロウブラス】



Peter Jessen(ピーター・ジェッセン)氏製作によるデンマーク製ハンドメイドリガチャー。
プロのプレイヤーとして活躍した後、リペアマンとなり、金属加工や音響学などを学んだ経験を活かしてサックス関連の製造にも着手した彼は、現在ではジョー・ロバーノ氏やベンジャミン・コッペル氏のG メゾ・ソプラノサックスなども手掛けています。
奏者と技術者の両方の観点から設計されたリガチャーは、一点一点時間をかけてハンドメイドで製作されており、バランスの取れた音色と鳴りを実現しています。

適度な抵抗感と優れたレスポンスに、重すぎず軽すぎずの程よい音の密度のバランスが素晴らしく、まとまりのある音色で豊かに鳴ってくれます。リガチャースクリューの精度も高く、ガタつきや引っ掛かりもなくスムーズにネジを締めることができます。ネジのつまみ部分は角が丸みを帯びており、一般的なリガチャースクリューよりも若干大きめにデザインされていることで、つまみやすく回しやすいです。リガチャー本体の金属もある程度厚みがあり、型崩れしにくい設計でありながらも余分な重量感が出すぎないようにデザインされています。近年のリガチャーには特殊な素材を採用したものやユニークな設計をしたものが多いですが、トラディショナルなデザインのリガチャーにもやはり良さがあると思わせてくれるハンドメイドリガチャーです。

ブラス製は、ブロンズ製よりもやや明るめで輪郭の効いた軽やかさのある音色が特徴です。

【スタッフのコメント】<ソプラノサックス>
リードに接触する部分がウェーブ状のデザインになっているため、リードに面で当たるというよりも線で当たっている印象で、リードの響きを抑えすぎないようなデザインになっているように思います。音にある程度まとまりがありつつも音が重すぎることはないので、音の厚みのバランスが良いです。ブラスということもあり音の輪郭は比較的ありますが、程よい音の明るさでギラギラしすぎない点も良いと思います。マウスピースの個性を変えることなく自然な音色で鳴ってくれるリガチャーだと思います。

【スタッフのコメント】<アルトサックス>
ブラス製ということもありややブライトさのある音色に感じますが、ギラギラするほどではなく、音の輪郭を感じつつも明るすぎないのもGoodです。広がりのある音というよりかは少しフォーカスしたサウンドの印象ですが、まとまりのある音の周りにも響きがありますので、単調な音にならず、マウスピースの個性を消すことなく自然な鳴りを持っています。出音は軽すぎず重すぎずバランスが良く、アルトで欲しいハリと艷やかさのある音色を出すことができます。ブロンズ製のモデルは音に丸みとウォームさがあるのに対して、ブラス製は音の歯切れの良さと軽快さのある音色を持っていますので、お好みに合わせてお選びいただければと思います。

【スタッフのコメント】<テナーサックス>
パッと見は軽量なリガチャーに見えますので、仕上げなしのブラス素材ということでテナーには少し音が軽くなるのでは?と試奏前は思っていましたが、実際に試してみると良い意味で予想とは異なり、そこまで音は軽くなく、バランスの良い音の芯と厚みを持っていると感じました。ちなみに、生産が終了しているSELMER 2本締めタイプのリガチャーよりこのリガチャーの方がわずかに重いです。もちろん重量のあるリガチャーのような重厚感の強い音色というわけではありませんが、音が浅くならずに音の芯を感じますし、こもらず適度な音の輪郭を持った自然な鳴りで、重厚すぎないテナーサウンドが楽しめます。言葉での表現が難しいですが、程よい音の軽やかさにブレスノイズをたっぷりと乗せたサブトーンを出せば、ファットさを持って豊かに広がるジャジーなサウンドを楽しむことができ、テナーには魅力的だと思います。マウスピースの個性を変えず、自然な鳴りでバランス良く鳴ってくれるリガチャーをお探しの方にお薦めです。

■逆締めリガチャー
■素材:真鍮製
■仕上げ:ノーラッカー仕上げ(真鍮無垢)
■対応:ラバーマウスピース
※マウスピースキャップは付属しておりません。
※ハンドメイドの輸入品のため若干の擦りキズや仕上げムラなどがある場合がございます。予めご了承ください。
※ノーラッカー仕上げ(真鍮無垢)のため日時の経過とともに酸化によって色合いなどの風合いが商品写真と変わってきますので予めご了承ください。

品番によっては納期にしばらくお時間をいただく場合がございます。在庫・納期についてはお手数ですがお問い合わせください。